この記事をシェアする

どんな検診なのか調べよう

マンモグラフィーを使った検診

X線を使って撮影する方法を、マンモグラフィー検査と呼んでいます。
乳がん検診では、この方法が使われることが多いです。
乳がんになったら、乳房にしこりができます。
大きなしこりなら、触っただけで気づけます。
しかし、小さなしこりはわかりません。

マンモグラフィーなら、小さなしこりにも気づける面がメリットです。
しかしマンモグラフィーは、妊娠している女性は利用できないと覚えておきましょう。
また乳腺が発達していなかったり、密だったりする若い女性は綺麗に写真を撮れないと言われます。
本当は小さなしこりがあるのに、見逃してしまう恐れがあるので若い人は、超音波を使った乳がん検診を選択するのがおすすめです、
年齢に合わせて、検査方法を選びましょう。

超音波検査の特徴

マンモグラフィーが使用できない場合は、代わりに超音波を使って検査します。
乳房に超音波を当てて、がん細胞がないかチェックします。
がん細胞がある時は、超音波に反射するので写真に写ります、
小さなしこりは反射しにくいデメリットがありますが、しこりの内部まで検査することができますし、若い人にも使用できる面がメリットです。

若い人向けの検査方法と言われますが、心配なら30代以上の人が使っても構いません。
マンモグラフィーと超音波検査の両方を実施していれば、小さなしこりも大きなしこりにも気づけるので安心ですね。
また、しこりになる前の段階にも気づけるので、費用に問題がなければ両方を受けられる病院へ行くのがおすすめです。