いらない土地は分ける | 空いている土地ありますか?無駄な税金を払うより有効活用を

土地を活かせる方法を知ろう

土地を分けて節税しよう

何をすれば節税になるのか

大きな土地を小さく分けるためには、私道を設けるなどの方法があります。
税金の対象にならない程度の私道を追加することで、持っている土地全体の面積を狭くすることができます。
私道が大きくなりすぎると、それも税金の対象になってしまうので気をつけてください。
どのくらいの大きさの私道にすれば良いのか、専門家からアドバイスを聞くと間違えません。
この方法を使えば、100万円ぐらいの金額を一気に削減することができることもあります。
無駄に高額な税金を支払うのは嫌なので、上手く分譲して少しでも少ない金額になるよう工夫してください。
私道を作る時はいくつか注意しなければならないことがあるので、ポイントを踏まえて工事を依頼しましょう。


コストがかかる可能性がある

私道を作る時は、大きさによってコストが高くなってしまう恐れがあります。
固定資産税を削減することはできても、そのために高額な費用が必要になったら意味がありません。
自分は小さい私道を作りたいと企業に依頼しても、専門家の目から判断すればどうしてもある程度広くなってしまうケースが起こる時があります。
専門家に言われたら仕方がないので、諦めて別の方法を選択した方が良いでしょう。
分譲する時は工事を任せる時に発生する費用の他に、土地を計測する費用も必要になります。
それは10万円程度で済むことが多いですが、工事の費用などがプラスされるとかなり高額になります。
私道を作って節税したい時は、全体的な費用を聞いてから判断しましょう。


この記事をシェアする